よりかわいく!ストレートウィッグのゆる巻きアレンジテクニック

ストレートウィッグは、様々なアレンジを行うことができるので、1つあるだけで色々なヘアスタイルを楽しむことができます。そこで、ストレートウィッグを使った簡単にできるゆる巻きのアレンジテクニックを紹介していきます。

ゆる巻きアレンジテクニックを実践しよう

ストレートウィッグにゆる巻きを施すためにはヘアアイロンやコテを使いますが、その際にはまずウィッグと自毛は成分が違うことを理解した上で行うようにしましょう。なぜなら、自毛と同じようにヘアアイロンやコテの高熱でウィッグの毛に熱を加えるときれいに巻くことができなかったり、傷めてしまったりするからです。ですから、アレンジを行う際には、まず、ウィッグの耐熱温度を確認し、その温度に合わせたヘアアイロンやコテを使うようにしましょう。

ヘアアイロンやコテを使う前には、まず、いつも自毛で行っているようにするためウィッグを装着した状態で行います。そして、コームで優しく毛をとかして毛の流れを整えておくようにしましょう。毛を巻く時には自毛と同じようなやり方で大丈夫ですが、巻いた後にはカールしたての手をとぐろ状に持って熱を冷ますことがポイントになります。そうすることでカールに癖がつき、とれにくくなるのです。

ゆる巻きをしたら、次はアレンジです。ゆる巻きに合うおすすめのアレンジ方法は編み込みです。たとえば前髪に編み込みを施したり、左右両方のサイドを編み込みしてその毛束を後ろで1つにまとめる方法もあります。編み込みを組み合わせるだけでガーリーな印象になりますし、簡単ですが手が込んだアレンジに見せることができるでしょう。