「おしゃれ」がワンランクアップするウィッグは?

ウィッグは髪の悩みがある人が使うものというイメージはありますが、今は手軽にヘアアレンジが楽しめるおしゃれのアイテムとして人気です。店舗販売だけでなく通販でも購入することができるので手に入れやすいのも人気の秘密です。話題のおしゃれな通販ショップを紹介します。

ウィッグはヘアスタイルの魔法のアイテム

ウィッグは普段使うものから和服に似合うもの、パーティーなどの特別な日まで、いろいろなシーンで活躍します。ウィッグだとバレてしまうのは「つむじ」の不自然さが原因のひとつです。「MYWIG」のウィッグは人工スキンを使用しているので自然な「つむじ」が特徴です。気になる髪の色は日本製人工毛(ファイバー)100%を使用することで自然な色合いになっています。また、長時間の使用にも安心なウィッグを帽子をかぶる感覚で優しいつけ心地です。

ウィッグはフルウィッグ・前髪ウィッグ・コスプレなどバリエーションも豊富で、ウィッグケアグッズやヘアアクセサリーも揃っているので合わせて楽しむことができるのも魅力です。ウイッグのアレンジやケアの方法も丁寧にホームページに掲載されていて初心者にも優しいショップです。そして、「MYWIG」が人気の理由に低価格があります。海外の専門工場と直接取引をしているので中間マージンがなく低価で販売できるのです。

リーズナブルにヘアアレンジが出来ることは「おしゃれ」には欠かせません。男性も女性も、いろいろなヘアスタイルを楽しむことのできるウィッグは「おしゃれ」のわがままを叶えてくれる魔法のアイテムです。そんな魔法のアイテムが種類も豊富な「MYWIG」はおすすめです。

いろんなウィッグに合わせやすい!バンダナの簡単アレンジ。

ウィッグを購入したもののいいアレンジの方法が見つからない、とお悩みの方は「バンダナアレンジ」に挑戦してみませんか。バンダナはお団子ウイッグなどの部分ウィッグにも、すっぽりかぶるタイプのウイッグにも使いやすいヘアアクセとして活躍してくれます。次では使い方を説明したいと思います。

とっても簡単なアレンジ方法を教えます!!

お団子ウィッグやシュシュウィッグの場合は、バンダナをヘアバンドのように使うのがおすすめです。

まず好みの高さで無造作に髪をまとめ、ウイッグを装着します。この時におくれ毛を出したりして、少しルーズな感じにまとめるのがおしゃれに見えるコツです。次にバンダナを好みの太さに折り、襟足の方からヘアバンドを付けるような位置に巻き頭頂部でキュッと結びます。結び目は少し斜めにずらしても可愛いです。全体にかぶるタイプのウィッグやダウンスタイルの場合も、同じように折ったバンダナをヘアバンドやカチューシャのような場所にくるように巻き付けると、カジュアルなスタイルにマッチしやすくなります。

また、ロングタイプのウィッグの場合は三角に折ったバンダナを頭全体に巻き付けるのもおすすめです。この巻き方は、ヘアバンド風に比べて大人っぽいスタイルにもマッチするのが特徴です。バンダナを使うと、ウィッグの色や髪質が少し地毛と異なるときにもうまくなじませることができます。ウィッグ初心者や、友達のものを借りたけれど少し違和感があるという場合などにもおすすめです。色や柄次第で様々なファッションに合わせることもできるバンダナでの簡単アレンジ、ぜひお試しくださいね。

魅力はカットなしパーマなしカラーなしでイメチェンができること

まず日常生活で大変なのが、出かける際のブロー。そう簡単に美容室で仕上げたようなしっとりまとまったヘアにならず広がってしまったり、梅雨時期にもなればごわつく・うねるでロングヘアの敵が多くなります。そして毎日のシャンプー・リンスも短いヘアスタイルのに越したことはないとほとんどの女性が考えるはず。その後のドライヤーといったら真夏は暑くて大変です。単にストレートロングと言っても伸ばしっぱなしでそのままというわけにはいかずヘアケアに悩まされます。

さまざまなメンズウィッグのもつ魅力

人気のヘアスタイルとしてレイヤーカットのフルウィッグがあります。レイヤーカットは下の髪の毛は長く、上の髪の毛は短くカットしたもので、トラッド感があり流行のスタイルです。前髪が長くなっているので大人っぽい落ち着いた印象を与えることもその魅力の一つです。カラーをアッシュブラウンにするとカジュアルな雰囲気を出すこともできます。

素材と形状…用途に応じたメリットとデメリット

人毛のウィッグの良さといえば、自毛に馴染みやすく、見た目や手触りなどに違和感が出ないことが挙げられます。ウィッグの絡みなども少なく、長持ちしやすいことも特徴の1つです。その一方で、値段も高く、衛生管理の手間がかかるデメリットもあります。毛の色も褪せやすいため、定期的なカラーリングが必要です。主に医療用ウィッグを探している方が利用する傾向がありますね。

一人ひとりにベストなスタイルを合わせたオーダーウィッグ

まずは、ウィッグ購入者からウィッグを作成してもらうお店に電話で問い合わせを行います。そして予約が必要な場合は、都合の良い日に合わせて予約を取ります。予約日になると、実際にお店に行きカウンセリングを行います。その際にはウィッグを実際に試着して、購入者の希望とする髪型と素材などを、担当となるスタッフに相談します。そして次にスタッフは、その希望に合わせながら作成を行っていきます。

初めてでもできちゃう!ロープウィッグを使ってみよう!

最近ではヘアアイテムとしてウィッグを活用する女性も増えてきた中、どうしてもいつもと同じパターンばかりになりがちなヘアスタイル。地毛は人気のボブヘアにしてロングのフルウィッグをつけたり、なかなか髪を切る勇気がなくて地毛はロングヘアのままにして、フルウィッグでショートやボブ、明るめのヘアカラー、パーマを楽しむ人も多いです。

ゆる巻きアレンジテクニックを実践しよう

ストレートウィッグにゆる巻きを施すためにはヘアアイロンやコテを使いますが、その際にはまずウィッグと自毛は成分が違うことを理解した上で行うようにしましょう。なぜなら、自毛と同じようにヘアアイロンやコテの高熱でウィッグの毛に熱を加えるときれいに巻くことができなかったり、傷めてしまったりするからです。ですから、アレンジを行う際には、まず、ウィッグの耐熱温度を確認し、その温度に合わせたヘアアイロンやコテを使うようにしましょう。